日本共産党は7月15日に党創立102周年を迎えます

党都委が活動者会議

この記事は約2分で読めます。

比例100万票 山添候補勝利必ず

日本共産党東京都委員会は27日、参院選で比例100万票、東京選挙区での山添拓候補の議席を絶対確保するため、全都幹部活動者会議を都内で開きました。

比例100万票、山添拓東京選挙区候補必勝の決意を固めた日本共産党の全都幹部活動者会議=27日、都内

山添氏が「街頭で『国会質問を見た』『憲法を守って』と多くの人が駆け付けてくれる。各党がしのぎを削り当落線上の東京選挙区で、どうか押し上げてほしい。私も頑張り抜く」とあいさつ。

田辺良彦都委員長が報告し、「大軍拡で『軍事対軍事』の危険な道に突き進む自公・維新と、9条を生かした平和外交を貫く共産党との対決が鮮明に」「物価高を引き起こしたアベノミクスにしがみつく自公・維新と、内部留保課税や最低賃金1500円で弱肉強食から転換する共産党の違いがはっきりした」と強調。党の取り組みが広がっているものの、大接戦の比例・当落線上の東京選挙区で「勝敗は取り組みを飛躍させられるか、やるべきことをやり尽くせるかどうかにかかっている」として、▽選挙情勢を伝え「支持を広げてほしい」と活動の担い手を広げる▽全有権者規模での目立つ宣伝▽対話・支持拡大を強める▽党勢拡大と世代的継承を進める―ことを提起しました。

党地区委員会、議員団の代表が「街頭で若い人に声をかけ、対話する宣伝を進めている」(町田地区)などと発言しました。

(「しんぶん赤旗」2022年6月28日付より)

タイトルとURLをコピーしました