青木理さん「野党には『批判力』こそ必要」

「しんぶん赤旗」日曜版12月19日号

「人の話を聞く」どころか、聞かれたことにも答えない岸田文雄首相の姿が明らかになりました。志位和夫委員長と田村智子副委員長は衆参の代表質問で、新型コロナ対策や大軍拡など国政の大問題を追及し、対案を示して政治転換を迫りました。3ページ特集です。

メディアの異常な「野党は批判ばかりを改めよ」キャンペーン。ジャーナリストの青木理さんは、「権力や与党の悪事を黙認しろというのに等しい」と批判し、「野党には『批判力』こそ必要」と語ります。

志位委員長は「中国に人権抑圧の是正と五輪憲章の順守を求めよ―五輪開会・閉会式への政府代表の不参加は当然」とする声明を発表しました。根拠ない断定で日本共産党を攻撃する「毎日」コラムの問題点は…。

告示まで約1カ月となった沖縄県名護市長選の争点は…。前進する民青の大会の模様をカラーで紹介します。

原油高騰で漁業が窮地に。水揚げ量日本一の千葉県銚子を訪ねました。

都並敏史の「熱血!アタック」は欧州サッカーリーグで活躍する2人の日本代表選手。「健康らいふ」は温泉の効用です。

建設現場で新型コロナウイルスの集団感染が多発しています。その実態をリポートします。

ひとはタレントのつぶやきシローさん。

(「しんぶん赤旗」2021年12月17日付より)