(写真提供:しんぶん赤旗)

小池都知事と自公・都ファは都立・公社病院の独立行政法人化を狙っています。都内のコロナ病床の4割を確保するなど、不採算であっても都民の命を守るために重要な役割を果たしているこれらの病院を、もうけの場にするなど許せません。八王子選挙区で独法化中止を訴えているのは私だけです。

清水ひで子前都議は、多摩地域の医療を守り、格差を是正するために頑張ってきました。命を守る議席を引き継がせてください。大激戦です。何としても勝たせてください。(1日)

(2021年7月3日付「しんぶん赤旗」より)


アオヤギ有希子候補の訴えはこちらからご覧になれます