知事は五輪中止表明を/革新都政をつくる会が街頭宣伝

都民の命を守れと訴える人たち=31日、東京・新宿駅西口(写真提供:しんぶん赤旗)

革新都政をつくる会は31日、東京都新宿区で街頭演説を行い「1日から始まる都議会に都民の命とくらしを守れの声を届けよう」と訴えました。

同会の中山伸事務局長は「都民は一日も早いコロナ収束を願っている。知事は五輪を中止して、大規模検査や暮らしと営業を守ることに総力をあげるべきだ」と訴えました。

東京自治労連の矢吹義則委員長は「自治体は五輪とコロナ対応の両立に頭を悩ませている。五輪を中止し、コロナ対応に集中すべきだ」と語りました。

都立病院の充実を求める連絡会の高橋美明事務局長は「小池知事はすべての都立・公社病院を地方独立行政法人化しようとしている。都民が安心して医療を受けられる環境を守るためにも都立・公社病院を守りぬこう」と話しました。

日本共産党の藤田りょうこ都議は「今すべきは五輪を中止しコロナ収束へ全力をあげることだ。PCR検査の拡充、ワクチン接種、医療現場への支援、暮らしと営業への補償を求めていく。国民健康保険税・料の軽減も提案し、都政を前進させる」と訴えました。

革新都政の会は同日、小池百合子都知事あてに、開催都市の責任者として五輪の中止・延期を表明するよう求める要請を提出しました。

宣伝を聞いていた営業職の30代男性は五輪について「強硬にやろうとするのは政治の事情、お金の事情だと思う」と話しました。

(2021年6月1日付「しんぶん赤旗」より)