訴える、あるが精一市長候補=11日、東京都日野市(写真提供:しんぶん赤旗)

補助金不正など汚職腐敗政治で揺れる東京都日野市の市長選(18日投開票)が告示された11日、「クリーンなまち日野をつくる会」の、あるが精一候補(62)=無所属新、日本共産党などが応援=は「清潔・公正な市政に変えよう。PCR検査を拡充し、暮らしを応援する市政をつくろう」と呼びかけました。

同会の山口俊樹代表は、不正解明に背を向ける大坪冬彦現市長(63)を批判。「日野を誇れる街にできるのは、不正を一貫して追及してきた、あるが氏だ」と訴えました。

共産党の清水とし子元市議(都議候補)は、現市政が「財政非常事態」を理由に市民サービスを切り捨てる一方、8.8億円の新庁舎計画を進めていると告発しました。

あるが氏の訴えを聞いた女性(40)は「元副市長の不正は、普通の会社ではあり得ない。現市長の態度はずるい。あるがさんは頼もしいと感じた」と話しました。

自民党、公明党、都民ファーストの会などが推す大坪氏は、不正事件について「多くの市民に心配と迷惑をかけ申し訳ない」としながら、「フェイクニュースを垂れ流されている」と居直りました。

(2021年4月13日付「しんぶん赤旗」より)