6/10 参議院決算委員会で山添拓議員が質問を行います

「都議選駆ける」命守る都立病院取り戻す/八王子市(定数5)アオヤギ有希子さん(42)新

この記事は約2分で読めます。
アオヤギ有希子

八王子市(定数5)アオヤギ有希子さん(42)新

多摩地域の福祉充実などに6期24年、尽くした清水ひで子都議の後継を目指します。「多摩格差解消へ、かけがえのない清水さんの議席を必ず引き継がせてください」と訴えています。

「コロナ禍で病床が不足しているのに、小池都政は都立・公社病院を独立行政法人化させ、採算性を求める、もうけの場にしようとしています。病院を、都民の命を守る場に取り戻したい」

八王子市議として、学校図書館への司書配置や、若者の就労を支援するサポートステーションを実現するなど、市民とともに市政を動かしてきました。同市の現職市議として初めて出産した経験から、産後ケアセンターの設置を提案。昨年、開設しました。

障害者の福祉向上は一貫して取り組んできたテーマです。次男に障害があり、行政への要請などに取り組む安藤美知子さん(74)がエールを送ります。

「アオヤギさんが障害児の親の声を聞き、市議会で繰り返し取り上げたおかげで、障害のある中学生の移動支援が実現しました。都議会で、さらに力を発揮してほしい」

八王子選挙区は定数5をアオヤギ氏と都民ファ・自民各2人、公明1人が争う激戦。立民も擁立する予定です。

奥羽大学卒。元医療事務。八王子市議3期。市農業委員。

(2021年4月11日付「しんぶん赤旗」より)

タイトルとURLをコピーしました