日曜版紹介

強権の菅政権 総選挙で政権交代を

外環道工事の真上で住宅地陥没

日曜版25日号(写真提供:しんぶん赤旗)

日本学術会議の会員6人の任命を拒否した菅政権に“安倍政権以上の強権だ”と声が上がり、支持率も急落。日本共産党の志位和夫委員長は「次の総選挙で政権交代を」と訴えます。中島岳志・東京工業大学教授は、共産党を含む連立政権の必要性を語ります。

学術会議の任命拒否問題にノーベル物理学賞の益川敏英さんが「歴史に汚点を残すもので、とうてい承服できない」と。志位氏は“法律違反のオンパレードだ”と批判しました。

東京外環道工事の真上で住宅地が陥没。工事の影響なら、大深度地下法を適用して強行された工事の前提が崩れます。専門家は工事による地盤強度低下の可能性などを指摘しています。

復帰した水泳・池江璃花子選手に、五輪メダリストの田中雅美さんがエールを送ります。

「お役立ちトク報」は住宅確保給付金制度。

迫る大阪市廃止の住民投票。廃止なら住民サービス低下は必至です。

最高裁が非正規格差是正へ扉を開く判決を出しました。

国連の持続可能な開発目標(SDGs)。私たちは何をすべきか、カラーで特集。

世界で納豆を取材。ノンフィクション作家の高野秀行さんに聞きました。

「ひと」は俳優の大竹しのぶさんです。

(2020年10月23日付「しんぶん赤旗」より)