6/10 参議院決算委員会で山添拓議員が質問を行います

一石投じた1万票超/昭島市長・市議補選の共同

この記事は約1分で読めます。

 東京都昭島市長・市議補選の結果が判明した11日夜、市民と野党が共同した黒川雅子市長候補(64)=無所属新、日本共産党・立憲民主党・社民党推薦、生活者ネット支持=、山花典子市議候補(62)=無所属新、日本共産党・立憲民主党・社民党・生活者ネット支援=は事務所で、「市民と野党の共同をさらに発展させ、市政を変えよう」と語りました。
 黒川氏は、立候補表明から短期間のたたかいで1万票以上の支持が寄せられたことに謝意を表明。「市民と野党が一緒にたたかったことは、確実に一石を投じた。市長選で訴えた政策は、いつか形になる」と述べました。山花氏は「市民が練り上げた政策を、今後の市民運動で野党とともに継続して取り組みたい」と話しました。
 「市政をチェンジ!市民連合昭島」の佐々木みのり代表は「今までに経験がない選挙ができた。さらに発展させたい」と発言。日本共産党の松村亮佑・立川昭島地区委員長、立憲民主党の島田幸成東京都第25区総支部長、社民党の青山秀雄市議もあいさつしました。

(2020年10月13日付「しんぶん赤旗」より)

タイトルとURLをコピーしました