日曜版5日号
日曜版5日号

新型コロナウイルスの感染拡大にともなう政府などの自粛要請でライブハウスなどが苦境に追い込まれています。
ライブハウスのオーナーは「自粛による損失を補償してほしい」と。
人間国宝の野村萬さん(能楽師、日本芸能実演家団体協議会会長)は「芸術活動が継続できるのかどうか、危機的な事態」と寄稿しました。
立教大特任教授の金子勝さんと楽天証券経済研究所の山崎元さん、政府専門家会議メンバーで日本感染症学会の舘田一博理事長が登場します。
抜本的直接支援を求める日本共産党の提案を含め5ページ特集です。

辺野古米軍新基地建設で沖縄防衛局がこっそり、軟弱地盤にかかわる6工事を打ち切っていました。

NHK「あさイチ」初代キャスターのジャーナリスト、柳澤秀夫さんが新著『記者失格』を出しました。

日本共産党が野党各党と会談し、野党連合政権に向けての政策的相違点の対応を説明しました。米空母艦載機陸上離着陸訓練(FCLP)を狙った防衛省による馬毛島(鹿児島県)の高額購入の裏側は…。

#KuToo(クートゥー)運動を呼びかけた俳優・ライターの石川優実さんの思いは…。「お役立ちトク報」は就学援助制度です。

東京五輪1年延期について元陸上選手の為末大さんに聞きました。

「ひと」は俳優の内藤剛志さん。

(2020年4月3日付「しんぶん赤旗」より)