「共謀罪」法、秘密保護法の廃止などを求める行動が6日、国会前で行われました。
「共謀罪NO!実行委員会」「秘密保護法廃止へ!実行委員会」の主催。

行動は、秘密保護法が国会で強行採決された2013年12月6日と共謀罪法案が衆議院で審議入りした2017年4月6日を忘れず廃止を訴えていこうと、毎月6日を中心に取り組まれているもの。

あいさつをする日本共産党の山添拓参院議員(左端)=6日、東京都千代田区(「しんぶん赤旗」提供)

主催者を代表してあいさつした共謀罪対策弁護団の三澤麻衣子弁護士は「(共謀罪法や秘密保護法は)政治や大企業などに反対の声をあげる人たちの集会をつぶすもくろみが入っている危険な法律だ。監視社会につながることが一番恐ろしい。廃止に向けて力をあわせてがんばりましょう」と呼びかけました。

「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」の高田健共同代表は「憲法9条を壊していく動きの一つだ。戦争ができる国づくりを進める安倍内閣を倒すたたかいをしていきたい」と強調しました。

ふじさわ・九条の会の斉藤隆夫さんは「戦争につながる法律は絶対に許すわけにはいかない。地域の行動をすすめるのと同時に中央の取り組みと連携していく努力をしていきたい」と語りました。

日本共産党の山添拓参院議員があいさつ、立憲民主党と沖縄の風の国会議員も参加しました。

国会前行動の後、院内集会と共謀罪法廃止法案の提出を求める議員要請行動を行いました。

(2019年11月7日付「しんぶん赤旗」より)