日本共産党の笠井亮衆院議員は21日、都内で開催された東京建設従業員組合(東建従)「創立60周年記念式典」で来賓あいさつしました。

笠井議員は、創立60周年への祝辞を述べた後、昨年の国連会議での核兵器禁止条約の採択に向けて、東建従が果たしてきた役割に敬意を表し、核兵器廃絶までともに奮闘する決意を述べました。

また、建設労働者の「命綱」である建設国保の現行水準確保について、「ともに運動してきた者として喜びたい」と訴えました。

笠井議員は、安倍政権が狙う消費税率10%への増税や9条改憲に向けた動きを告発。「市民と野党の共闘で安倍政治を終わらせ、新しい政治をつくりましょう」と力を込めました。

記念式典には、日本共産党のあぜ上三和子都議、河野ゆりえ都議も出席しました。

(1月26日付「しんぶん赤旗」より)

式典の模様は笠井亮衆院議員のTwitterで紹介されています。