日本共産党東京都委員会の戦争法廃止と2000万署名への協力を訴える宣伝=25日、東京・新宿駅西口
日本共産党東京都委員会の戦争法廃止と2000万署名への協力を訴える宣伝=25日、東京・新宿駅西口

党東京都委員会が取り組む 田村・山添氏ら参加

日本共産党東京都委員会は25日、戦争法廃止へ、国民連合政府の実現と2000万署名への協力を訴え、都内でいっせい署名・宣伝行動に取り組みました。新宿駅西口では同日昼、田村智子参院議員・比例候補と山添拓参院東京選挙区候補が訴えるなか、約30人が署名を呼びかけました。

田村氏は、2000万署名で国会を包囲し戦争法廃止をと呼びかけるとともに「安倍内閣と真正面から対決する共産党を参院選で伸ばし、新しい政治への道を開こう」と訴えました。

山添候補は、消費税増税の一方で大企業に減税し、予算に過去最高の軍事費を計上する安倍政権を批判。「参院選でアメリカと大企業のためだけの政治を進める自民、公明、安倍政権にきっぱり退陣の審判を」と呼びかけました。

知人を訪ねて新宿へ来た男性(75)は署名に応じ「戦争を体験した世代ですから、あの時代に戻すようなことは許せないし、世界の向かっている方向にも逆行しています。戦争法は廃止しなければいけないし、どうすれば廃止できるか考えなければ」と話していました。

(「しんぶん赤旗」2015年12月26日付より)