不当逮捕 不起訴早く

2024年5月14日 ,

❚ 東京・日野 「赤旗」配送巡り「会」

 東京都日野市で「しんぶん赤旗」日刊紙を配送中の男性が警視庁日野署に不当逮捕された事件で、男性の不起訴を求める「守る会」が12日、JR日野駅前で宣伝しました。

 事件が起きたのは4月28日早朝。男性が自家用車で「しんぶん赤旗」を配送中に、パトカーが「一時停止違反」だとして停車を命じ、車内を見せるように求めました。警察官が、車のトランクに置いてあった金てこを見て、特殊開錠用具所持禁止法違反の容疑で男性を現行犯逮捕。男性は送検されました。金てこは、自動車水没時に備えて用意していましたが、その後、専用の脱出ハンマーを購入したため、「事故などで使うことがあるかもしれない」と入れたままにしていたものです。

 宣伝では、国民救援会や市内団体の代表らがマイクを握り、「一時停止で停車を命じながら反則切符も切らず、車内を見せるように要求するのは不自然」「男性の自宅まで家宅捜索が行われている。情報収集が目的ではないのか」「免許証で住所氏名を確認できたのに現行犯逮捕は行き過ぎだ」と訴え、即時不起訴とするよう求めました。

(しんぶん赤旗2024年5月14日付より)