日本共産党は7月15日に党創立102周年を迎えます

羽田空港 部品欠落4年間で1798件

この記事は約1分で読めます。

❚ 宮本徹議員への答弁書で判明

 国土交通省が全国の主要7空港で行っている航空機からの部品欠落報告のうち、羽田空港で報告された件数が直近の4年間で1798件に上ることが、日本共産党の宮本徹衆院議員の質問主意書への答弁書(5日に閣議決定)で明らかになりました。

 部品欠落報告は、都心上空を飛行する羽田新ルートへの批判が高まる中で2017年末に現制度が開始。航空機が空港到着後の点検で、部品欠落が確認されたものを航空機運航者が報告します。羽田空港での報告数は19年度382件、20年度468件、21年度530件、22年度418件です。

 同空港での各年度の報告件数が明らかにされたのは初めて。同省は1件の報告で複数の部品欠落が報告されることがあると認めており、欠落部品の数はさらに多い可能性があります。

 答弁書は、重さ1キロ以上の部品欠落も回答し、23年度以降に28キロや25キロの部品欠落があったことが明らかになりました。

 宮本氏は、同省が新ルートの「固定化を回避する」として設置した検討会が1年7カ月以上開かれていない問題点を指摘。答弁書は、検討会の次回開催時期について現時点で示すことは困難と答えています。

(しんぶん赤旗2024年4月9日付より)

タイトルとURLをコピーしました