欠陥認めた英語スピーキングテスト 都立高入試に使わないで

緊急市民集会開く

英語スピーキングテストの結果を都立高校入試に活用しないよう求める緊急市民集会に駆け付けた保護者ら=21日、東京都議会議事堂(しんぶん赤旗提供)

都立高校入試での英語スピーキングテスト活用の中止を求めて21日、東京都議会内で緊急市民集会が行われ、オンラインを含め113人が参加しました。主催は都立高校入試へのスピーキングテスト導入の中止を求める会などです。

中学3年生を対象に実施する英語スピーキングテストの運営は、来年度から英国の国際文化交流機関に変わりますが、今年度はベネッセが昨年度と同じ方法で実施する予定です。

入試改革を考える会代表で武蔵大学教授の大内裕和さんは「都教委は欠陥を事実上認めながら、今年度は同じ形式で実行しようとしている。今年度の入試利用を中止させよう」と訴えました。

今年度は11月実施予定で、登録が始まっています。中学3年生の保護者は「今年度で撤退するベネッセのテストを受けるのは“消化試合”のようで腹立たしい。入試に使わないでください」と求めました。
5クラス190人分の英語の授業をうけもつ都内の中学校教員は、「スピーキングテストに使う35億円で教員を増やしてほしい」と話しました。

「英語スピーキングテストの入試活用中止のための議員連盟」の都議があいさつ。日本共産党からは都議13人をはじめ区議、市議ら多数が参加しました。

(「しんぶん赤旗」8月23日付より)