6/10 参議院決算委員会で山添拓議員が質問を行います

衆院比例候補駆ける 谷川智行さん

この記事は約2分で読めます。

❚ 命と健康守る政治へ

谷川智行さん(しんぶん赤旗提供

 医師として25年間、東京都内の病院で診療に当たってきました。診療の合間を縫い、生活困窮者の支援活動を15年間続けています。

 相談に来た人たちから「コロナ禍で経営が傾き店を廃業。血尿が出たが、お金がないから病院に行けない」「失業し、単発の仕事でしのいできたが、貯金も家も失った」と訴えられました。重過ぎる国民健康保険料(税)が払えず、保険証を持てない人もいます。

 「電車賃が払えず、遠距離を歩いて相談に来る人もいます。どれだけ心細かったかと胸が痛みます。命と健康を脅かす政治は許せない」と語ります。

 自公政権と日本維新の会、国民民主党は、健康保険証の廃止とマイナンバーカードの強要を進める法律を強行しました。認知症を抱える人や重度障害者などから「暗証番号を覚えられない」「顔認証写真の撮影が困難」と悲鳴が上がり、医療団体も「人権侵害だ」と訴えています。

 「マイナ強要の大本には社会保障の削減と、膨大な個人情報のビジネスへの活用という財界の思惑があります。企業献金によってゆがめられ、命や人権までも脅かす自民党政治を変えるため、今度こそ国会に押し上げてください」―。街頭で力を込めています。

❚ 谷川智行

たにがわ・ともゆき 1971年生まれ。都内各地の病院で医師として勤務。党中央政策委員、党都コロナ対策本部長。
公式サイト https://www2.jcp-tokyo.net/tanigawa/
公式LINE https://line.me/R/ti/p/%40922xohqz
SNS https://twitter.com/ttanigawa3

タイトルとURLをコピーしました