6/10 参議院決算委員会で山添拓議員が質問を行います

練馬区長選 吉田氏が大健闘

この記事は約1分で読めます。

「明日につながる結果」 

東京都練馬区長選が17日投開票され、市民と野党の共同候補の吉田健一氏(55)=無新、日本共産党、立憲民主党、社民党、生活者ネット、新社会党推薦=が9万3397票(得票率49・43%)を獲得しましたが、2143票差で惜敗しました。

 当選は現職の前川燿男氏(76)=無所属、自民党、公明党、都民ファースト、国民民主党推薦=でした。


東京都練馬区長選で市民と野党の共同候補として9万3397票(得票率49.43%)を獲得し、惜敗した吉田健一氏は17日、選挙結果を受けて「五分五分のたたかいができた。明日につながる結果だ」と語りました。

吉田氏は選挙戦で、日本共産党、立憲民主党、社民党、生活者ネット、新社会党の推薦を受け「区民の声を聞かない区政を区民が主役の区政に転換する」と訴え。現職で自民党、公明党、都民ファースト、国民民主党が推薦する前川耀男氏に2143票差まで迫る大健闘をしました。

共産党練馬地区委員会は「磐石の体制で圧倒的勝利を目指した前川氏と互角の大健闘をした。吉田氏の主張が広範囲な区民の支持を集めた」との声明を発表しました。

(「しんぶん赤旗」2022年4月19日付より)

タイトルとURLをコピーしました