6/10 参議院決算委員会で山添拓議員が質問を行います

小平市長に小林洋子氏初当選

この記事は約2分で読めます。

初当選を決め、贈られた花束を掲げる小林新市長=4日、東京都小平市(写真提供:しんぶん赤旗)

前市政を受け継ぐ

東京都小平市長選が4日投開票され、日本共産党、立憲民主党、国民民主党、生活者ネットが推薦した元市議の小林洋子氏(48)=無所属新=が3万2180票(得票率52.93%)を獲得し、自民党、公明党推薦の磯山亮氏(41)=無所属新=を破って初当選しました。国政野党の推薦で2005年から4期16年間務めた小林正則市長の市政を受け継ぎます。

同日午後11時すぎ、当選の知らせが選挙事務所に入ると、支援者から「おおっ」「やったあ」の歓声と拍手が上がりました。

小林氏は、新型コロナウイルス対策、防災対策、子ども・子育て施策など「市民とつくった87の政策の実現に取り組む」と表明しました。事務所には共産党の井手重美津子・北多摩東部地区委員長、細谷正、吉瀬恵美子、鈴木大智の各市議、佐藤充元市議も駆け付けました。


選挙結果は次の通り。

当 小林 洋子48無新 32,180

磯山  亮41無新 28,615

(投票率39.20%)

 

市議補選 佐藤みつる氏は届かず

◆東京都小平市補3-4

佐藤 充69元 10,513④

▽共3(3)自3(3)立3(2)公6(6)社民1(1)ネット3(3)諸1(1)無8(6)欠0(3)、議席占有率10.71%(同)

(投票率39.19%)

(2021年4月6日付「しんぶん赤旗」より)

タイトルとURLをコピーしました