【選挙】西東京市長選 平井竜一氏及ばず

会見する平井氏(写真提供:東京民報)

東京都西東京市長選が7日投開票され、市民と野党が共同した元神奈川県逗子市長の平井竜一氏(54)=無所属新、日本共産党、立憲民主党、西東京・生活者ネットワーク、無所属市議有志推薦=は3万2785票(得票率46.61%)を獲得し健闘しましたが、1514票差で及びませんでした。

当選は元副市長、池沢隆史氏(61)=自民党・公明党推薦=。

平井氏は
▽PCR検査の拡充
▽待機児童解消
▽国民健康保険料値上げ凍結と介護保険料引き下げ
―などを公約していました。

選挙結果は次の通りです。

池沢 隆史 61 無新 34,299
平井 竜一 54 無新 32,785
保谷 美智夫 62 無新 3,256

[投票率42.23%]


平井氏が謝意

7日投開票の東京都西東京市長選の結果が判明した同日夜、市民と野党が共同して推した平井竜一氏(54)=無所属新、日本共産党、立憲民主党、西東京・生活者ネットワーク、無所属市議有志推薦=は「残念な結果だが、市政を変えようという多くの人の思いを受け、全力でたたかったことに悔いはない」と語り、市民や党派を超えた12人の市議らの応援に謝意を表明しました。

共産党の藤岡智明市議、無所属の納田さおり市議らもあいさつ。藤岡氏は「市民と市議12人が力を合わせてたたかった。これからの市政をしっかり監視しよう」と述べました。

(「しんぶん赤旗」2021年2月9日付より)