日本共産党の志位和夫委員長は1月21日、衆院本会議の代表質問で、今夏の東京五輪開催について三つの重大問題をあげたうえで、今夏の東京五輪を中止し、「日本と世界のあらゆる力をコロナ収束に集中するべきだ」と主張しました。

icon-downloadクリックするとPDFが表示されます