日本共産党と立憲民主党、国民民主党、社民党、社会保障を立て直す国民会議の5野党・会派は5月13日、国会内で緊急の党首会談を開き、新型コロナウイルスの収束に全力をあげるべきときに、検察官の政治的独立性と中立性、三権分立を損なう検察庁法改悪は断固容認できないとして、野党が要求する役職定年の延長を切り離すよう求めていくことで一致しました。

icon-downloadクリックするとPDFが表示されます

【ビラ】検察庁法改悪やめコロナ収束に全力を/野党が緊急党首会談で一致