市民連合街頭宣伝=16日、有楽町駅前(「しんぶん赤旗」提供)

安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合(市民連合)は16日、東京・有楽町駅前で街頭宣伝を行いました。

間もなく開会する通常国会を前に市民と各野党の代表が揃い、「安倍政権に代わる選択肢を示し、政治を変える年にしよう」とアピールしました。

市民連合を代表して、山口二郎さん(法政大学教授)があいさつしました。
「桜を見る会」疑惑やカジノ汚職など、「長期化する安倍政権の下で、権力の腐敗が進んでいます。解決のためには、政権交代以外ありえません」と語りました。

その上で、今年予想される総選挙に触れ、「野党が候補者を一本化して、与党を少数派に追い込む戦略を考えてほしい」と訴え。
市民が声をあげて野党をつなぎ、「国民本位の政治を実現しましょう」と呼びかけました。

野党からは、日本共産党の笠井亮政策委員長、立憲民主党の福山哲郎幹事長、国民民主党の日吉雄太国会対策委員長代理、社民党の吉川元幹事長がスピーチしました。

笠井議員は、緊迫する中東への自衛隊派遣をはじめ、国内でもさまざまな疑惑や問題があるにもかかわらず、改憲を公言し続ける安倍政権を批判。
「みんなの力で安倍政権を終わらせ、希望ある新しい政治をつくりましょう」と語りました。

街宣は、総がかり行動実行委員会が協賛しました。

(2020年1月17日付「しんぶん赤旗」より)