東京都西東京市議選(定数28、立候補33人)が23日投票されます。

日本共産党の藤岡ともあき(72)、保谷清子(71)、大竹あつ子(49)=以上現=、中村すぐる(31)=新=の4候補は、全員当選で、安倍政権の強権政治と、自公市政が狙う空前の市民負担増計画にストップをかけようと奮闘しています。

4候補は、悪法の強行採決を繰り返し、消費税増税や9条改憲を狙う安倍政権を批判。

西東京の自公市政が、中央図書館や公民館の駐輪場、5種のがん検診料などを有料化し、国民健康保険料や保育料コミュニティーバスの運賃を値上げするなど子どもからお年寄りまでお金を取る有料化・値上げ計画を狙っていると告発しました。

4候補は、負担増計画に市議会で反対を打ち出している唯一の党として、今回選挙で議会の過半数確保を狙う自民、公明(計15候補)ときっぱり対決。

市庁舎建設へ毎年1億円をため込んでいる基金などを活用し、国保料の値下げや学校体育館のエアコン設置、学校図書館への1校1人の司書配置など、くらしや教育応援の政策実現を訴えています。

20日には、宮本徹衆院議員と吉良よし子参院議員が応援に駆け付けました。

吉良議員は「自公市政の悪政に対抗し、市民のための政治を進めてきた市議団全員を当選させよう」と呼びかけました。

(左から)藤岡ともあき、保谷清子、大竹あつ子、中村すぐるの4候補(「しんぶん赤旗」提供)

(2018年12月22日付「しんぶん赤旗」より)