東京都に申し入れる党都議団=16日、都議会
東京都に申し入れる党都議団=16日、都議会

垂直離着陸輸送機MV-22Bオスプレイが米国のパタクセントリバー海軍航空基地で着陸に失敗した事故について、米海軍安全センターが被害損害200万ドル以上の「クラスA」に相当すると公表した問題で、日本共産党東京都議団は16日、小池百合子都知事あてに申し入れ、国と米軍に対して、事故原因の徹底究明や国内でのオスプレイの飛行禁止、CV22オスプレイの横田基地への配備計画の中止・撤回を要求するよう求めました。

申し入れで、白石たみお都議は「自己の原因が解明されず、オスプレイの安全性が確認されないうちは、国内での飛行を禁止するよう、強くはたらきかけるべきだ」と都に迫りました。尾崎あや子都議は「来年度以降、横田基地にオスプレイが10機配備されることに対し、住民の不安が募ってきている。東京都は住民の命と安全を守る立場から、国に迫ってほしい」と求めました。

都の山口祐一郎都市整備局基地対策部長が応対し「(事故については)北関東防衛局から情報が入っている。ただ詳細は米軍からは入っていないので、北関東防衛局が問い合わせしている」と答えました。

(「しんぶん赤旗」2016年11月18日付より)