160606bizyutukangiwaku

日本共産党東京都議団は6月2日、記者会見で舛添要一知事が昨年3月から今年の4月までの1年間、美術館と博物館の視察を計39回行ったうちの少なくとも7回は、「視察」の名による単なる美術鑑賞であったなどとの調査結果を発表。知事の姿勢は公私混同である、と厳しく批判しました。

◆ビラデータはこちら