PCR拡充 命支える/西東京市長選 平井候補第一声

訴える平井市長候補=1月31日、東京都西東京市(写真提供:しんぶん赤旗)

東京都西東京市長選(7日投開票)が告示された1月31日、市民と野党が共同して推す平井竜一候補(54)=無所属新、日本共産党・立憲民主党・生活者ネット・無所属市議有志推薦=が第一声を上げました。

平井氏は、PCR検査を拡充し市民の命と生活を支える、情報公開の徹底、市民と対話を重ね政策立案するなどの公約を訴えました。

共産党の山添拓参院議員が応援。平井氏と
▽ケアに手厚い社会
▽どの子も楽しく学べる教育
ーなどの政策協定を結んだことなどを紹介。自公政権の新型コロナウイルス対策での迷走・逆走を批判し、「平井候補勝利で菅政権にも審判を」と呼びかけました。

立民の末松義規衆院議員、無所属の納田さおり市議、西東京市民連合の今村享子さん、近藤大輔神奈川県議らも訴えました。

自公推薦の池沢隆史氏(61)の第一声で、公明党の高木陽介衆院議員が「共産市政にしては駄目だ」と攻撃しました。

(2021年2月2日付「しんぶん赤旗」より)