日本共産党は7月15日に党創立102周年を迎えます

【日曜版15日号 】特集 新型コロナが日本経済を直撃 /作家の室井佑月さん「ため息は意見に変えて」

この記事は約2分で読めます。

赤旗日曜版15日号

消費税10%増税で成長率マイナス7.1%に落ち込んだ日本経済を新型コロナウイルスの影響が直撃しています。
「仕事ほぼゼロ」という深刻な観光業界の実態などを特集。
政府の緊急対応策第2弾を日本共産党の小池晃書記局長は「国民の不安に応えていない」と批判します。

東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から9年。
被災者が直面している新たな困難、課題を福島、宮城、岩手からリポート。
原発事故で増え続ける放射能汚染水問題をカラー見開きで。

安倍政権を痛快批判する作家の室井佑月さん。
「ため息は、意見に変えて声をあげよう」とよびかけます。

自らの体験を生かしてLGBT(性的少数者)の子ども・若者支援に携わる遠藤まめたさんにインタビュー。

元バレーボール日本代表の大山加奈さんは“指導者の暴力を一掃したい”と訴えます。

米大統領選でトランプ氏と対決する候補を選ぶ民主党指名争い。サンダース氏に若者の共感が広がっています。現地報告です。

米空母艦載機訓練の移転候補地・馬毛島。防衛省が地元に隠して、基地の基本設計に着手していたと日本共産党の田村貴昭衆院議員が暴露し、怒りが広がっています。

「ひと」は作家の川越宗一さん。

(2020年3月13日付「しんぶん赤旗」より)

タイトルとURLをコピーしました