【参院選】主権者・国民の力で希望と安心の日本を 野党共闘勝利・共産党躍進へ 志位委員長が第一声

志位和夫委員長の参院選挙第一声を聞く人たち=4日、東京・新宿駅西口(Web版「しんぶん赤旗」より)

第25回参院選挙が4日公示され、21日の投票日に向けた17日間の選挙戦がスタートしました。9条改憲と消費税10%増税を公然と掲げ、深まる年金不安に背を向ける安倍自公政権に退場の審判を下すのかどうか、日本の命運がかかった歴史的選挙です。

2016年に続き32の1人区すべてで野党統一候補が実現。
中央での画期的な共通政策合意に加え、各県レベルでも独自の政策協定が結ばれるなど、市民と野党の共闘は発展し、自公とその補完勢力を追い上げています。

日本共産党の志位和夫委員長は、東京の新宿駅西口で第一声を上げ、その後大阪入り。
「主権者・国民の力で希望と安心の日本をつくろう」と、野党共闘の勝利と比例を軸とした日本共産党の躍進を呼びかけました。

小池晃書記局長(比例候補)が、埼玉、神奈川、千葉の首都圏3県を駆け抜けたのをはじめ、比例代表候補、選挙区候補は力強く第一声をあげました。

一方、安倍晋三首相は「バラバラの政治の再現になる」と市民と野党の共闘への敵意をむき出しにするなど、緒戦から激烈な様相です。( icon-arrow-circle-right 志位委員長の新宿での第一声
[su_spacer size=”30″]
小池晃比例候補・吉良よし子東京選挙区候補訴え

声援に応える(左から)小池、志位、吉良の各氏=4日、東京・新宿駅西口(「しんぶん赤旗」提供)

新宿駅西口の第一声は、雨が降る中、大勢の聴衆の熱気に包まれ、志位委員長の訴えに、割れるような拍手が何度も起きました。

小池晃比例候補(党書記局長)は「今でも足りない年金をこれ以上、減らすことなど許されない。引き続き『永田町国会病院』で、安倍政治の病を治すために仕事をさせてください。ともに勝利しましょう」と呼びかけました。

東京選挙区(改選数6)の吉良よし子候補は「ブラック企業の社名公表制度を実現し、ブラックな働き方をなくす力になっている。あなたの声に、一票に政治を変える力がある。何としても2期目も勝たせてください」と訴えました。

志位委員長は「日本の命運を分ける参院選が始まりました。この選挙を『安倍政治サヨナラ』の審判を下し、国民の誰もが希望をもち、安心してくらせる日本をつくりましょう」と語り、比例代表で7人以上の当選と大激戦の東京選挙区で吉良よし子候補の勝利にむけて、「尊厳をもって生きるための一票を、今度の選挙で日本共産党に託してください」と訴えました。
[su_spacer size=”30″]
年金

大争点の年金問題で、給付水準を引き下げる「マクロ経済スライド」について、安倍晋三首相が「制度の安定のため必要」と語っていることに言及。

「いくら制度が安定しても、国民のくらしが滅んでしまえば、なんのための公的年金制度か、ということになります。今でさえ貧しい年金をさらに貧しくする政策こそ『ばかげた政策』ではないでしょうか」と強調しました。

志位委員長は、「マクロ経済スライド」を廃止して「減らない年金」にすることを財源策も示して訴えるとともに、低年金者すべてに年金の一律底上げを実現すると訴え。「『マクロ経済スライド』で7兆円の年金を削るのか、それとも『減らない年金』にするのか、これが年金問題の最大争点です。日本共産党への一票で、『安心の年金』への第一歩を踏み出そうではありませんか」と呼びかけました。
[su_spacer size=”30″]
消費税

消費税10%増税も大争点だとして、景気動向指数が2カ月連続で、日銀短観も2期連続で悪化していることを指摘し、「これだけ景気悪化の赤信号がともっているのに、増税を強行するなど愚の骨頂ではないでしょうか。今からでも止めることができます。税金の在り方を決めるのは安倍首相でありません。主権者である国民です。共産党を伸ばして10%は必ず止めようではありませんか」と呼びかけました。

志位委員長は「くらしに希望を―三つの提案」を具体的に紹介し、「消費税に頼らない別の道」で実現すると強調。
同時に、「トランプ米大統領言うままの高額の米国製武器の『爆買い』をやめ、くらしにお金をまわそう」と訴えました。
[su_spacer size=”30″]
憲法

憲法問題について志位委員長は「安倍9条改憲を許していいのかどうか、ここに本当の争点があります」と強調しました。

トランプ大統領が「(日米安保条約は)米国のために日本がたたかうことはない。変えなければならないと安倍首相に話した」と語り、安倍首相も「軍事同盟とは“血の同盟”」として同じ主張をしてきたことを告発し、「世界中に展開する米軍にことが起きたら、自衛隊が米軍のために血を流してたたかう。これが9条改憲の真の狙いです」と批判。

朝鮮半島の非核化、平和体制の構築の動きが進展しているとして、「9条を生かした平和外交こそ求められています」と訴えました。
[su_spacer size=”30″]
民主主義

民主主義の問題で、「ジェンダー平等はすべての人の人権と尊厳を大切にする社会への扉を開くものです」と語り、ジェンダー平等社会を実現しようと訴え。

日本共産党の参院選候補の55%が女性だと紹介し、「ここに両性の平等、女性差別の撤廃を求め続けてきた日本共産党の姿が示されています」と語りました。

志位委員長は、実現する希望は市民と野党の共闘にあるとして、最大限の協力でたたかい、32ある1人区すべてで自民党を打ち破り、勝利を勝ち取ると表明。

国民の切実な願いを実現するには、「財界中心」「アメリカ言いなり」というゆがみにおおもとからメスを入れる日本共産党の躍進が必要だとして、比例での躍進と、吉良候補の必勝を訴えると、力強い拍手がわき起こりました。

(2019年7月5日付「しんぶん赤旗」より)