東京比例5氏勢ぞろい/池袋駅東口で訴え

比例5氏勢ぞろい
全国・全都労働者後援会の人たちとともに訴える(車上左から)谷川、池内、笠井、宮本、坂井の各衆院東京ブロック比例候補=9日、東京・池袋駅東口(「しんぶん赤旗」提供)

さあ 連合政権へ

台風接近で雨の中、日本共産党全国・全都労働者後援会は9日、豊島区内で街頭宣伝を行い、東京衆院比例候補5氏が勢ぞろいし、「政権交代で暮らしに希望を」と訴えました。

候補者発表(5日)後、初の街頭演説となった坂井和歌子候補は、「月収が10万円」「閉店するしかない」という悲痛な声が寄せられていることを紹介。「政権交代で誰もが粗末に扱われない社会にしたい」と訴えました。

谷川智行候補は「医療現場に22年いてわかったことは、政治を変えないと命を守れない。誰もが安心して病院にかかれるようにしたい」と訴えました。

池内さおり候補は「日本にはセクハラを禁止する法律がない。あまりに遅れている。政権交代で変えよう」と力を込めました。

宮本徹衆院議員は「菅首相が戦争法や沖縄の米軍新基地に異を唱えた人を、日本学術会議の会員として任命拒否したのは、言論、学問、民主主義の危機だ」と批判しました。

笠井亮衆院議員は「来る総選挙に日本の進路がかかっている。戦争法、消費税増税、原発推進という自公政権に〝千倍返し〟だ。政権交代を実現しよう」と呼びかけました。

全都労働者後援会、全国労働者後援会の代表も訴えました。

(2020年10月10日付「しんぶん赤旗」より)

当日の街頭宣伝の様子はこちらから(YouTube 日本共産党 東京ブロックチャンネルへ)