【日曜版2月23日号】 消費税10%で成長率急落/老舗トップ衝撃 新型肺炎「見えない感染」拡大/桐谷健太さん

日曜版2月23日版
日曜版2月23日版

安倍政権の消費税10%大増税が大失政であることがハッキリしました。
昨年10~12月期の経済成長率が急落。北海道で創業120年の百貨店「藤丸」社長は「売り上げは前年比で15%減」と語ります。

京都の老舗すき焼き店「三嶋亭」5代目当主も登場し、飲食店の深刻な実態を追った京都ルポも。成長率急落について暮らしと経済研究室主宰の山家悠紀夫(やんべゆきお)さんは「内需も輸出も総崩れ」と指摘します。小池晃書記局長は「消費税の5%への減税を」と訴えます。

「見えない感染」が広がり、新たな段階に入った新型コロナウイルス。
衆院予算委員会で高橋千鶴子議員が第2次補正予算を編成し検査・治療体制を早急に整備するよう要求。現状と対策について世界保健機関でも活動した押谷仁(ひとし)・東北大教授に聞きました。

「いまも政治家にペテン師みたいな人が大勢いる」。
俳優の仲代達矢さんが無名塾公演「ぺてん師 タルチュフ」に込めた思いを語りました。

俳優の石井正則さんがプライベートで、すべてのハンセン病療養所に足を運び、写真を撮り続けています。

一橋大学に、LGBT(性的少数者)の当事者が生きやすい社会づくりをめざす支援センターができました。「Uスタ」で。

コミュニケーション力を伸ばす方法は―。発達障害や生きづらさを抱える人向けに体験講座を開催する「イイトコサガシ」の冠地情(かんちじょう)代表に聞きました。

「健康らいふ」は、茨城県の北茨城市民病院付属家庭医療センターに開設した「飲酒量低減外来」を紹介します。

スポーツは都並敏史さんの「熱血!アタック」。21日開幕のJリーグの見どころは…。

「この人に聞きたい」は小椋佳さんの第2回です。

日曜版が報じた沖縄・辺野古の米軍新基地建設で70メートルより深い地盤も「軟弱」と示す新データ。「力学試験でない」と否定した防衛相の国会答弁を、専門家が厳しく批判。データの信頼性を裏付ける新事実も判明しました。

「ひと」は俳優の桐谷健太さん。

(2020年2月21日付「しんぶん赤旗」より)