若者よ、春休みは芸術だ/ 都6美術館の入場無料 共産党都議団の要望実る

ウェルカムユース
東京都歴史文化財団ウェルカムユース-2020 春-のポスター

東京都は3月20日~4月5日の春休み期間、18歳以下の若者の都美術館6館の入場料を無料にすると発表しました。
日本共産党都議団が昨年12月都議会で条例提出していた内容が実ったものです。

無料化するのは都庭園美術館、江戸東京博物館、江戸東京たてもの園、都写真美術館、都現代美術館、都美術館の6施設で行われる13の展覧会。

2001年4月2日以降に生まれた人の入場料が無料になる他、ギャラリーでのトークや体験イベント、オリジナルグッズ配布、ドリンク・デザートのサービスなども行います。

共産党都議団は昨年12月都議会で、都現代美術館、都写真美術館などの常設展について、18歳未満・高校生の観覧料を無料にする条例改正案を提出し、特別展についても低廉な料金にすることを求めていました。

斎藤まりこ 都議会議員
斎藤まりこ 都議会議員

斉藤まりこ党都議(都議会文教委員)の話

条例提案など、若者の美術・芸術に触れる機会の拡大に取り組んできたことが一部実現して、うれしいです。

今後も対象年齢の拡大や期間の拡充に力を尽くします。

(2020年2月5日付「しんぶん赤旗」より)

icon-arrow-circle-o-right都議団サイト「この春、都立の美術館などで高校生(18歳以下)料金が無料に