【有楽町街頭宣伝】あす16日 市民連合が街頭宣伝

20日の通常国会開会を前に、「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」(市民連合)は、16日午後6時から7時まで、東京・有楽町駅イトシア前で、「安倍政権に代わる選択肢を!」と訴える街頭宣伝を行います。

「戦争させない・9条壊すな! 総がかり行動実行委員会」が協賛します。

市民連合は「安倍政権の下で行われてきた腐敗政治を徹底的に追及し、その責任をとらせることが立憲野党各党の責務です。安倍政権がちらつかせる『解散カード』を前に、いついかなるタイミングであれ、これに真正面から立ち向かえる野党共闘の体制を構築することが求められています」として、参加を呼びかけています。

宣伝では、市民連合や野党各党の代表があいさつする予定です。

(2020年1月15日付「しんぶん赤旗」より)