年内最後の19日行動 “来年こそ安倍政権倒そう”

自衛隊の中東派兵反対、安倍内閣は退陣しろとコールする人たち=19日、衆院第2議員会館前(Web版「しんぶん赤旗」より

「桜を見る会」疑惑の徹底追及や安倍政権による改憲反対を掲げて19日、国会議員会館前で今年最後となる「19日行動」が行われました。

集まった2200人(主催者発表)は、来年こそ安倍政権を終わらせようと訴えながら「総辞職、総辞職」と声をあげました。

主催者を代表して、総がかり行動実行委共同代表の小田川義和さんが今年を振り返り、「改憲発議をさせませんでした。大きな成果です」と強調。
市民と野党の共闘もさらに発展してきたと述べ、「新しい政権を展望できるところまできています。安倍政権打倒のために運動を強めていきましょう」と呼びかけました。

「改憲問題対策法律家6団体連絡会」の大江京子弁護士がスピーチ。安倍政権がねらう自衛隊の中東派兵は、武力行使の可能性があり憲法違反になると指摘。
「絶対に中東へ行かせてはいけません。力をあわせて阻止させましょう」

議員会館前では、安倍政権が自衛隊の中東派兵を来週にも閣議決定しようとしていることに対して、「自衛隊を戦地に送るな」のコールがおこりました。

日本共産党の宮本徹、国民民主党の日吉雄太、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラムの柚木道義の各衆院議員、社民党の福島瑞穂参院議員があいさつしました。

(2019年12月20日付「しんぶん赤旗」より)