【奥多摩町議選】大沢ゆかり町議が立候補 “災害対策を万全に、公的病院を守る”

訴える大沢ゆかり候補=12日、東京都奥多摩町(「しんぶん赤旗」提供)

東京都奥多摩町議選(定数12、立候補16人)が12日告示(17日投票)され、日本共産党の大沢ゆかり氏(53)=現=が立候補しました。

大沢氏は河野ゆりえ都議の応援を受け、「災害対策を万全に、公的病院を守り、暮らし続けられる町をつくる」と訴えました。

大沢氏は住民参加型の災害対策委員会設置、町民の公共交通の確保、営業を守る支援を提案。
町民や観光客の命を守ってきた奥多摩病院の廃止・縮小に反対して頑張ると述べ、「2期目も議会に送り出してほしい」と語りました。

(2019年11月13日付「しんぶん赤旗」より)