築地跡地に国際会議場/都知事の公約破り 市場機能なし

都が「築地まちづくり方針」

東京都は29日、築地市場跡地(中央区、約23ヘクタール)を国際会議場・展示場(MICE)などの大規模集客・交流拠点として、民間主導で再開発する「築地まちづくり方針」を決めました。

小池百合子知事が2017年6月の「基本方針」で示した、「築地は守る」「市場機能を確保する」との公約を踏みにじり、今年1月に公表した「方針(素案)」からさらに踏み込んで、築地には卸売市場を整備しないと明記しています。

方針では築地地区の将来像として「国際的な交流拠点」「東京の成長に大きく寄与する交流拠点」と提示しました。

地域を4つの区域に分け、国際会議場や高級ホテル、大規模集客・交流施設、研究開発施設などを整備する計画。
2020年ごろから民間事業者を募集し、段階的に開発を進める方針です。

都が同日公表した公募意見では、素案の撤回を求める声や、知事の公約違反を指摘して築地市場の再整備を求める意見が相次ぎました。

“撤回し一から再検討を” 共産党都議団 大山とも子幹事長

日本共産党東京都議団の大山とも子幹事長は29日、小池百合子知事が発表した「築地まちづくり方針」を厳しく批判する談話を発表しました。要旨を紹介します。

築地まちづくり方針は、都議選告示3日前の2017年6月20日に発表した「築地は守る」「市場機能を確保する」という方針が消え、素案(1月発表)に対するパブリックコメントには202件の意見中70件以上が、知事の公約違反を指摘し、築地での市場の再整備を求めるなどの厳しい意見でした。

ところが、本日発表された方針は、「食文化」という言葉を付け加えた程度で、内容は国際会議場を中心とした再開発という素案と何ら変わっていないどころか、「築地に都として卸売市場を整備することはない」ということが加筆され、知事の公約違反が一層明確になっています。

これでは、都民意見を公募した意味がありません。

一方、小池知事が移転を強行した豊洲市場では、土壌・地下水汚染は解決しておらず、働く人への健康被害が危惧される黒い粉じん発生など、問題が山積しています。

日本共産党都議団は、改めて知事が「築地は守る」という公約に立ち返り、まちづくり方針を撤回し、一から再検討することを厳しく求めます。

また都議会として、方針について知事出席のもと、関係する委員会の連合審査などをできるだけ早期に開催し、知事と一問一答の質疑を行うことを呼び掛けるものです。

 icon-arrow-circle-right 【談話】「築地まちづくり方針」は知事の重大な公約違反 撤回・再検討を 全文はこちら

(2019年3月30日付「しんぶん赤旗」より)