【都議会 文教委】「妊娠生徒の学業支えて」米倉都春奈都議/退学生まぬ対応要求 ​

日本共産党の米倉春奈東京都議は14日の都議会文教委員会で、妊娠した高校生への支援について取り上げ、「妊娠で高校を卒業できない状況を生まない ため、学業の継続に都が丁寧な支援を」と求めました。

質問する米倉春奈都議=14日、都議会文教委(「しんぶん赤旗」提供)
文部科学省が3月に公表した調査結果では、2015~2016年度に公立高校が把握した妊娠した生徒数は2098人で、うち674人(32%)が退学していました。

米倉都議は「高校生で意図せず妊娠すること自体、本人は大変混乱する。おとなに相談しにくくなれば支援を受けることもできない」と指摘。

「一度退学して出産すれば育児に追われ、学校に通い直すのは大変になる。正規雇用で働くことも厳しくなり、母子ともに貧困状態に陥りかねない」と強調し、こうした事態を生まないため、性教育の取り組みとともに生徒本人に寄り添った支援を求めました。

都教育庁の宇田剛指導部長は「妊娠したことをもって問題行動としての指導対象とはしていない。きめ細かに相談に応じ、生徒一人ひとりに寄り添った対応で学校ごとに差が生じないよう努める」と答えました。

(2018年12月21日付「しんぶん赤旗」より)