【2017年 都選管政治資金1】自公など企業・団体献金6.1億円~前年の倍近く集める

衆院選と東京都議選が行われた昨年、都内の自民、公明など各党が前年の2倍近くの企業・団体献金を集めていたことが21日、都選挙管理委員会が公表した2017年分の政治資金収支報告書で明らかになりました。

2018年11月22日付「しんぶん赤旗」より
これによると、自民、公明など各党が集めた企業・団体献金は総額6億797万円余と、前年2016年(3億1,833万円)に比べ91%増でした。

政党別に見ると自民党が5億4,677万円(前年比88%増)、公明党が前年の3倍以上の3,759万円、民進党(当時)が2,333万円(同61%増)、希望の党(当時)は0円、日本維新の会も0円でした。立憲民主党は23万円、社民党、自由党は各2万円でした。

国会議員の政党支部で最も多くの企業・団体献金を集めたのは自民党の平将明衆院議員(東京4区)で、4,472万円(同44%増)でした。

各議員の政党支部や政治団体の支出を見ると、政治資金パーティーや業界団体の会合の会費、高級料理店などでの飲食が目立ちました。

日本共産党は政治資金を党員の党費や「しんぶん赤旗」発行などの事業収入、個人の献金で得ており、企業・団体献金や憲法違反の政党助成金を受け取らず、政治資金パーティーも開いていません。

(2018年11月22日付「しんぶん赤旗」より)

icon-arrow-circle-right関連記事「2017年 都選管政治資金 政治資金パーティー 自公などの政治家 11億円超かき集め