【議員会館前抗議】「安倍政権追い込もう」市民と野党が行動

安倍内閣の総辞職やあらゆる疑惑の徹底追及、改憲阻止などを掲げて19日、総がかり行動実行委員会が国会議員会館前行動に取り組みました。

各野党の国会議員が参加し、「安倍政権を退陣に追い込むために、野党は一致してたたかう」と揃って訴え。

衆院第2議員会館前を中心に集まった2,500人(主催者発表)は、「国家権力を私物化するな」などと書かれたプラカードを手に持ち、力強くコールしました。

主催者を代表してあいさつした憲法共同センターの長尾ゆりさん(全労連副議長)は、改ざん、ねつ造、隠ぺいなどを繰り返す安倍政権は総辞職しかないと強調。
「私たちは全国各地で行動を続けています。平和、命、未来がかかった問題だからです。力をあわせて、安倍政権を追い込みましょう」と語りました。

「改憲許すな」「安倍内閣退陣を」と抗議する人たち。スピーチするのは山添拓参院議員=19日、衆院第2議員会館前(「しんぶん赤旗」提供)
学者や弁護士、各団体の代表らが連帯あいさつしました。

「安全保障関連法に反対する学者の会」の横湯園子さん(教育臨床心理学者)は、獄中で拷問を受けて亡くなった父親の話などの戦争体験を語り、あの時代を繰り返してはいけないと訴え。「私は平和憲法を守りきる。絶対に負けません」

日本共産党の畑野君枝衆院議員、山添拓参院議員、立憲民主党の髙木錬太郎衆院議員、社民党の福島瑞穂参院議員が参加し、スピーチしました。

山添議員は、民主主義や憲法を踏みにじる安倍政権を終わらせようと強調。
「市民と野党の共闘で、ウソをつかないまっとうな政治をつくろう」と呼びかけました。

(2018年5月20日付しんぶん赤旗」より)