東京民報 4月22日号のご紹介

1 面

「安倍やめろ」「ウソつくな」国会前に怒りの5万人

国会前に5万人が集まった14日の抗議行動を特集。東京民報記者が宗教者100人の行動に同行しながら、怒りと熱気にあふれた行動を紹介しています。

多摩市議補選

定数2で、日本共産党の菅原しげみ元市議が当選を果たしました。

練馬区長選・区議補選

定数5に10人が立候補する中、とや英津子前区議(現都議)の後継・のむら説氏が3位で当選。
松村友昭氏(日本共産党の前都議)は「市民と野党の共闘」勢力の応援を得るなどして善戦しました。

都会に棲む<16>~カラスは人を見ている

2 面

自民党都議の性教育攻撃 教育への不当介入 都教委に申し入れ

自民党都議の性教育攻撃に対して、緊急に開かれた抗議集会の様子を紹介。

危険な基地はいらない 横田 10年目迎えた座り込み

オスプレイの配備などで注目される横田基地で、10年目を迎えた撤去を求める座り込み行動について取り上げています。

築地女将さん会アンケート「中止」「凍結」7割

【羽田空港低空飛行ルート問題】山添拓参院議員が「増便ありき」を質す


3 面

[論点]どう見る? 都の金融都市構想「不動産も高騰 住めない街に」日本大学商学部教授 長谷川勉さん

小池知事が知事選の公約をもとに、肝いりでまとめた「金融都市構想」を検証した記事。日大商学部の長谷川勉教授に、金融都市構想をどう見るか、聞きました。

[コラム 健康生活]働き方改革は過労自殺を生む

間違い探しポカポ家族






4 面

米軍大和田通信基地 清瀬市民連合が見学会「二度と戦争に使わせない」

米軍の世界的な通信網を支える、清瀬市と埼玉県にまたがる巨大基地、大和田通信基地を歩く、清瀬市民連合の見学会を取り上げました。
大統領の核攻撃指令を伝えるなど、通信基地としてどんな役割を果たしているのか、市民が学びました。

東京職人ものづくり<16>

みんなの広場




東京民報は今年6月、再週刊化10周年を迎えるにあたり、「10周年記念キャンペーン」を予定しています。
ぜひ、周りの方に東京民報を薦めてください。

 東京民報は週1回の発行で月額400円(ばら売りは1部100円)。
 都内のみ自宅配達いたします。ぜひご購読ください。
 

☟東京民報の購読/見本紙の申し込みはこちらから

購読を希望される新聞名の先頭の□をクリックしてチェックを入れてください。

内容を確認のうえ、間違いがなければ下の「送信」ボタンを押してください。