【多摩市議補選】切り捨てとたたかう/日本共産党・菅原しげみ候補

菅原しげみ候補
東京都多摩市議補選(15日投票、定数2、立候補3人)が告示された8日、日本共産党の菅原しげみ候補(69)は吉良よし子参院議員とともに「6人の党市議団を実現し、 多摩市から自民党に審判を下そう」と訴えました。

菅原候補は、全国に先駆け延長保育の正規職員増配置を実現した実績や、ケアマネジャーとして自公政権の社会保障切り捨てとたたかった経験を紹介。
多摩市議会で自民党が改憲を主張したことを批判しました。

演説を聴いた男性(70)は「自民党の国政私物化は許せない。菅原さんに自民党を追い落としてほしい」と話しました。

菅原氏の他、自民党元職、立憲民主党新人が立候補しました。

(2018年4月10日付「しんぶん赤旗」より)