【日野市議選】値上げ止める5議席~2月11日告示

日野市議選勝利へ全力

2月11日告示、18日投票の東京都日野市議選(定数24)で、日本共産党は大高哲史(44)、清水とし子(55)、ちかざわ美樹(53)=以上現職=、中野あきと(49)=前職=、岡田じゅん子(44)=新人=の5氏を擁立し、現有3議席から2議席増、前回当選5議席の確保を目指します。

自民党、公明党などが支える現市政は、多摩地域でも高額の水準にある家庭用ごみ袋のさらなる値上げをはじめ、国民健康保険税や保育料の値上げを計画。
年間31万人が利用する無料の地区センターや、駐輪場、公園駐車場の有料か、自治会補助金の削減など、様々な市民負担増を狙っています。

市議会では与党が値上げ計画を「着実に実行」するよう求め「歳出削減につなげていただきたい」(9月市議会で自民党)とするなど後押ししています。

これに対して、共産党は値上げ計画を市民に告発。
市が毎年20億円前後の黒字をあげ、自由に使える基金80億円をため込んでいることを示して、値上げ計画のストップをと訴えています。

また、

▽保育園待機児解消の計画を持たない現市政に、認可保育園の抜本増設を繰り返し迫り、6園(定員820人)開設に道を開いた
▽ミニバスの抜本充実を求め、朝・夜の増便や現行計画の見直しを約束させる
▽小・中学校のトイレや公園遊具の早期回収を働きかけ、修繕を実現――

など市政を動かした実績を強調。市民合意のない大型ごみ処理施設の建設を追求し、中止を求め運動しています。

市議選では共産党の5氏をはじめ、自民党系9人、公明党5人、日本維新の会1人、立憲民主党1人、連合系3人、生活者ネット1人など34人が立候補を予定しています。

共産党は「自公政治に正面から対決し市政を動かしてきた共産党の5人全員当選で、値上げ・有料化計画にストップをかけよう」と全力を挙げています。

(1月9日付「しんぶん赤旗」より)