【東久留米市長・市議選】 12/17告示~市民が主役に転換

東京都東久留米市長選と市議補選(定数2)が17日告示(24日投票)されます。

訴える桜木よしお市長候補
訴える桜木よしお市長候補
「新しい市政を創る会」の桜木よしお市長候補(67)=無所属新、日本共産党・社民党・自由党推薦=と、日本共産党の北村りゅうた市議候補(30)=新=は、「市民の声を聞かない現市政から、憲法をくらしに生かし、『市民が主役』のまちへ市政を転換しよう」と訴えて奮闘しています。

市長選は、桜木氏と自民・公明が推す現職の並木克己氏(48)の一騎打ちの見通し。
桜木候補は、同市で社民党市議を9期務めた経験から、現市政による市の公立保育園全廃計画や公共料金の値上げ、ごみ袋の有料化など市民負担増の強行を批判。

3年で18億円も増えた市のため込み金の一部を活用し、高すぎる有料ごみ袋の値下げ、公立保育園の全廃計画の見直し、交通不便地域の解消、小中学校トイレの洋式化などを公約に掲げ、情報公開と市民参加で、市民の声に耳を傾ける新しい市政を実現しようと呼びかけています。

訴える北村りゅうた市議候補
訴える北村りゅうた市議候補
市議補選は定数2に自民党候補を含め3人が立候補の予定。

北村候補は、自身が卒園したしんかわ保育園をはじめ、公立保育園すべてを存続させるために全力を尽くすと強調。

原のり子都議の後継として、共産党市議団、桜木市長候補とともに市政を変え、有料ごみ袋の値下げやコミュニティバスの実現を訴えています。

桜木、北村両候補は、17日の告示午後2時から東久留米駅西口で、日本共産党、社民党、立憲民主党、自由党の各党の代表、国会議員とともに訴える予定です。

(12月16日付「しんぶん赤旗」より)