日本共産党 当選者の横顔

東京ブロック

笠井亮(64)

笠井亮・衆議院議員
笠井亮・衆議院議員
日本共産党政策委員長として外交・安保をはじめ憲法、エネルギー政策、暮らしなど幅広い分野に精通。
国会論戦の主舞台である「第一委員会の男」と呼ばれ、歴代首相や閣僚を答弁不能に追い込みました。
内部文書を用いて自衛隊「日報」問題など数々の安倍暴走政治を暴き、憲法9条を生かし守る政治を貫きます。
今年7月の核兵器禁止条約を採択した国連会議に出席し、被爆二世として「核兵器のない世界」の実現に奔走しています。
2005年衆院選で初当選し、今回で5期目。参院議員1期。衆院外務、懲罰、拉致特委員。党常任幹部会委員、政策委員会委員長。


宮本徹

宮本徹・衆議院議員
宮本徹・衆議院議員
東京大の学部自治会委員長として佐川急便政界汚職への抗議の声を”飛脚”姿で自民党本部に届けた熱血漢。
党武蔵野市・三鷹地区委員長、都副委員長など歴任。武蔵野市で父母らと運動し中学校給食実施を実現しました。
2014年に衆院東京比例で初当選。衆院財務金融委員として巨額の軍事費や浪費型公共事業を追求し、税金は社会保障や子育て優先に使うべきだと主張。
安倍首相とも論戦し、消費税増税中止、大企業・富裕層の応能負担を要求。過労死や加計疑惑も調査・追求。都市農業支援やオスプレイ配備反対など地域の声を取り上げています。
2期連続当選。党中央委員。

(24日付しんぶん赤旗より)

日本共産党の当選者一覧はこちら