「しんぶん赤旗」日曜版3月6日号紹介
安倍改憲に保守派からもノーの声

2016030403_02_0戦争法の強行に続き、明文改憲をねらう安倍晋三首相。しかし自民党内や保守の人からも批判の声が…。武村正義元内閣官房長官や渡辺治・一橋大学名誉教授が、改憲の狙いやたたかいの展望などについて語ります。

東日本大震災から5年。岩手県陸前高田市でカキなどの養殖を営む親子の思いは…。

国政選挙での協力などを決めた5野党党首会談での合意。志位和夫委員長は「画期的な合意が情勢の前向きの大激動をつくり出しつつある」と語ります。二見伸明・元公明党副委員長、栗田彰・元宮城県大崎市議会議長、高嶺朝一・琉球新報前社長の期待の声を紹介します。

「9・11」同時テロに居合わせた作家・道化師のドリアン助川さんが新作を語ります。

「日本に核配備態勢を」―。米国で元国防総省幹部などが提唱しています。核兵器廃絶の世論に挑戦するその中身は…。

カラーワイド特集:「あさが来た」の広岡浅子とその時代

NHK連続テレビ小説「あさが来た」のモデル・広岡浅子が生きた時代とは―。カラーワイドで特集しました。

「身を切る改革」を訴えるおおさか維新の会。そのおひざ元で政務活動費不正問題が続出しています。原発事故の刑事責任が法廷で問われることに。東電元会長らが強制起訴されました。

「ひと」は俳優の吉行和子さん。

(「しんぶん赤旗」2016年3月4日付より)


「しんぶん赤旗」のご購読申し込みはこちらから