新春にダッシュ 参院東京選挙区候補・山添拓(新)

初詣に来た人に訴える山添候補=1日、東京都八王子市
初詣に来た人に訴える山添候補=1日、東京都八王子市

新しい流れともに

山添拓・東京選挙区候補は、日本共産党の東京選出の国会議員と八王子市議団が1日、高尾山登山口でおこなった新春宣伝で「安倍政権が去年強行した戦争法は憲法違反の法律。私は若い世代の1人としても、弁護士としても、軍事にまみれようとする政治を変え、新しい年に新しい政治を始めたい」と訴えました。

山添候補は、戦争法強行のもと、防衛予算が初めて5兆円を超えたことを告発。軍事費ではなく生活に予算を回すべきだとして「東京都内の区立保育園は2億円で1年間の運営ができます。国がやろうとしているのは1機100億円もするオスプレイの17機もの購入です」と指摘しました。

山添候補は、あらゆる個人、団体、政党が力をあわせ、この夏の参院選挙で安倍自公政権の暴走を止める勢力が躍進することの重要性をのべました。「新しい1年の幕開けです。みなさんと共に新しい政治の流れをつくる、その先頭に立って頑張る決意です」と訴えました。

(「しんぶん赤旗」2016年1月5日付より)