非核の政府を求める会が11日に新春シンポ
パネリストに笠井亮衆院議員ら

新春シンポジウム

「戦争法」推進と「核抑止力」依存ー
戦後最悪の安倍暴走政治打破の道を探る

と き:1月11日(月・成人の日)
    午後1時半〜5時
場 所:東京千代田区の学士会館202号室
交 通:地下鉄神保町駅から徒歩1分
参加費:資料代として1000円(学生700円)

 スペシャルゲストとして明治学院大学生(SEALDs=シールズのメンバー)の林田光弘さんと安保関連法に反対するママの会@東京の小川佳代子さんが発言します。

 シンポのパネリストは、前長崎総合科学大学の教授の藤田俊彦さん、東京慈恵会医科大学教授の小澤隆一さん、同志社大学教授の岡野八代さん、日本共産党衆院議員の笠井亮さんの4人です。
 専修大学教授の白藤博行さんが特別発言します。

問い合わせ先:非核の政府を求める会
電 話:03(5844)6588