戦争法廃止へ新宿アクション
「野党共闘を」コール

行進する山添拓候補(先頭右から2人目)ら「新宿アクション」参加者=19日、東京都新宿区
行進する山添拓候補(先頭右から2人目)ら「新宿アクション」参加者=19日、東京都新宿区

新宿区で19日、戦争法廃止を求めて日本共産党、民主党、社民党の議員が参加した「NO WAR!新宿アクション」が開かれました。

呼びかけ人の1人の岸まつえ氏(弁護士)が「違いを認めた上で重なる一点で共同する。それが民主主義の姿」とのべ、運動の拡大を呼びかけました。

異なる立場の人々の共同を呼びかけた「新宿アクション」には、著名な医師や学者、弁護士が賛同人として名を連ねました。

その1人の日本共産党の山添拓参院東京選挙区候補(弁護士)は「野党が共闘して統一候補を推すという動きが出ています。地方からこのような動きが出てくれば、社会は変わっていく」として、2000万署名を集めきろうと訴えました。

海江田万里氏(民主党前代表)も賛同人として「『憲法違反の法律はだめ』の一点で共同しましょう。協力できるところから協力できる人たちがやっていく、これが必要です」と述べました。

集会後、300人の参加者はドラム隊の軽快なリズムにのって「戦争する国、絶対反対」「野党は共闘」などとコールし、新宿駅周辺を行進しました。

(「しんぶん赤旗」2015年12月20日付より)