インフル予防接種 負担軽く

都に党都議団が申し入れ

福祉保健局の矢内部長(右手前)に申し入れる、(左から)小竹、河野、あぜ上、曽根、かちの各都議=30日、東京都庁 (「しんぶん赤旗」提供)
福祉保健局の矢内部長(右手前)に申し入れる、(左から)
小竹、河野、あぜ上、曽根、かちの各都議=30日、
東京都庁 (「しんぶん赤旗」提供)

日本共産党東京都議団(吉田信夫団長、17人)は30日、インフルエンザワクチンの接種料金が値上がりしている問題で、都民の自己負担を軽減するため区市町村に対し財政支援を拡充するよう、舛添要一知事に緊急申し入れをしました。
申し入れは、あぜ上三和子、曽根はじめ、かち佳代子、小竹ひろ子、河野ゆりえの5氏が、福祉保健局の矢内真理子・感染症危機管理担当部長に行いました。
あぜ上氏らは申し入れで「負担の増加は接種の差し控えにつながりかねない」と指摘し、①高齢者へのワクチン接種の自己負担を引き下げるため、区市町村に対し財政支援を行う②65歳未満の都民へのワクチン接種についても、負担軽減のため補助を拡充するーことを求めました。
今年から、インフルエンザワクチンが3種類のウイルス対応から4種類対応に切り替えられたことから、製造コストの値上がりで価格も引き上げられ、医療機関での接種料金が値上がりしています。東京保険医協会の調査では、65歳以上の高齢者の自己負担が多くの自治体で昨年の2200円から2500円に上がっています。

(「しんぶん赤旗」2015年10月31日付より)