日曜版9日・16日合併号

戦争法案反対 自民県議も立つ

元ちとせさん、谷川俊太郎さん登場

2015080703_02_0 戦争法案反対の動きが急拡大中です。広島県の自民党県議が呼びかけ「ストップ・ザ安保法制 庄原市民の会」が発足。「戦争と平和の問題が問われているときに、自民党だの共産党だのいっている場合ではありません」と小林秀矩県議。首都圏では高校生が初デモ、学生によるシールズ東北も結成されました。

詩人の谷川俊太郎さんが、絵本『せんそうしない』を出版。歌手の元ちとせさんがカバーアルバム「平和元年」を発売。込めた思いを語ります。

参院安保法制特別委員会での共産党の連続追及が大きな反響を呼んでいます。小池晃、井上哲士、仁比聡平各議員の質問のポイントを紹介します。

被爆70年の原水爆禁止世界大会。平和行進に参加した米国と広島の青年の声は―。

インタビュー戦後70年でIOC名誉委員の岡野俊一郎さんが登場します。

若者が不破哲三さんに聞く「日本の戦争と戦争法案」。今回は下です。

アジア太平洋戦争で日本は何をしたのか。強制動員された韓国の女性と、元日本兵の証言を特集で伝えます。

同意書にサインした後でも差額ベッド料を取り戻したケースを「お役立ちトク報」で。

日航ジャンボ機墜落から30年。遺族の思いをリポートします。

「ひと」は俳優の深田恭子さん。

(「しんぶん赤旗」2015年8月7日付より)