平和的安全保障こそ
テレ朝系番組 宮本徹議員が主張

日本共産党の宮本徹衆院議員は27日未明に放映されたテレビ朝日系番組「朝まで生テレビ」に、野党各党の若手議員とともに出席し、安倍政権がゴリ押しする戦争法案を厳しく批判するとともに、“平和的安全保障”の重要性を訴えました。

宮本氏は衆院安保法制特別委員会での自身の質問を振り返りながら、政府が憲法解釈変更の唯一の根拠としている「安全保障環境の根本的変容」について、「これはデタラメです。中谷元・防衛相は私が本当の根本的変容とは何かと聞いたら、インターネットや人工衛星と答えました。集団的自衛権行使ありきで、後から理由を付けただけです」と述べました。

そのうえでコメンテーターから「共産党の安全保障ビジョンは」と問われた宮本氏は、「軍事による安全保障は古い。私たちは新しい平和的安全保障を主張しています」ときっぱり。「東南アジアでは紛争を絶対に戦争にせず平和的に解決するために努力しています。この経験に学び、北東アジアでも平和協力の共同体をつくるため、憲法9条をもつ日本が積極的に呼びかけていくことが大事」だと強調しました。

戦争法案廃案に向けては、「野党間には重要政策で多くの違いがあるが、この法案を通さないという一致点では必ずまとまれるはず」と指摘し、民主党の小西洋之参院議員も「違憲の法案を撤回させる野党の共闘が大事だ」と表明しました。

(「しんぶん赤旗」2015年6月28日付より)